いくものがかり 無料

いくものがかりの第2話「授業応用編 前」実際にチ○ポを入れてみよう!の無料ネタバレを公開した記事です。

いくものがかりの第2話「授業応用編 前」実際にチ○ポを入れてみよう!の無料ネタバレを公開した記事です。

【第2話】無料ネタバレ:いくものがかり

第2話「授業応用編 前」実際にチ○ポを入れてみよう!の無料ネタバレとなります。


授業開始から1ヶ月が経った。


「よーし席に着け!射精の授業をするぞ~」

「この1ヶ月でだいぶ射精については学んだと思う。」

「というわけで、今日からは応用に入る。」



「それじゃ木下、前に出て手伝ってくれ!」

出席番号6番の木下葉月はしぶしぶ席を立つ。


「え~わたしですか?あんまりフ○ラは好きじゃないんです」


「今日はフ○ラじゃないから安心しろ。」


そう言われて安心した木下だったが、なんと教卓の上で先生に股を広げられてしまう。


「はい、これが女子の性器、いわゆるおま○こです。」


生徒たちがじっくり見ようと前に集まってくる。


クラスメイトの視線が自分の性器に向けられ、木下は恥ずかしさのあまり顔を赤面させる。


「ここが大陰唇と言います。」

「んっ…!」

「ここを開くと小陰唇に囲まれた膣口が見えます。」

「きゃっ…!」


「セ○クスするときはここにチ○ポを入れましょう」


「ただし、このままでは入りにくいのでおま○こを濡らしてあげる必要があります。」

「それじゃ山本!前に来て!」


ぽっちゃり体型の男子生徒山本が前に出る。


「おま○こを濡らすにはどうしたら良いと思う?」




「えっと、、、おま○こにフ○ラすれば良いんですか?」


「正解だ!みんな拍手!」

「ただし、おま○こを舐めることはク○ニと呼ぶので間違えないように!」



「それじゃあ実践してみよう!」

「えっ・・・?!」


ぽっちゃりキャラの山本が木下の膣を舐め回す。


ぺろぺろ、、、じゅるじゅる、、ぢゅぱ



「よーし上出来だ!じゃあ実際にチ○ポを挿れてみよう!」




「えっ!!そんなのイヤ!!!」


初めては憧れのアイドルのような人としたいと思っていた木下は必死に抵抗する。



「嫌って言ったって義務教育だから仕方ないだろ」

先生に諭されるも納得がいかない。


しかし先生に押さえつけられ、ついに山本にチ○ポを挿れられてしまうのだった!




「いだぁぁぁぁ!!!」




木下は初めてのあまりの痛さに悲痛な叫びをあげる。


(わたしの初めてがこんなにもあっさりと。。。)

(しかもデブの山本なんかに。)


木下は涙するが、山本の方は気持ち良さにそれどころではない。



「あっ、、もうイクっ!!!」


「じゃあどこに出すか決めろ。」

「膣内、胸、お腹、顔、口、、、色々な方法があるぞ。」


先生が説明するやいなや、


「このままナカに出します!!!」


山本は即答するのだった。



「は?!バカ!中はダメだ!やめろ!!」

木下の抵抗は全く意味をなさない。



「出るっ!!木下さんの中に精子出ちゃう!!」


山本は木下の両腕を押さえつけ、そのまま果てるのだった。


山本がチ○ポを抜くと、木下の膣からは大量の精液がこぼれ落ちる。少し血もついているようだった。


「木下の初めてが山本か~!いいな~!」


「はいみんなよく見て!これが中出しです!」



(もういやだ、、、こんな授業。)
 

■関連情報
いくものがかり【第3話】無料ネタバレ:授業応用編 後

いくものがかり 無料 © 2018